野菜ソムリエのいる八百屋

冷蔵庫のダイコンで

野菜は新鮮な方がいい

買う時には誰もがそう思って

ピンとはりのあるものを手に取りますよね

(`・ω・´)シャキーン

でもそれに一手間かけることもあります

例えば干す

ハクサイやダイコンを漬物にする前に

半日ほど天日にあてると甘みが増します

切り干しダイコンを作るのも

まずダイコンを干してから

梅干しは仕上げに干します

シイタケを保存するのにも干します

最近人気のゴボウ茶、エノキ茶も

材料を干してからお茶にするそうです

干しイモも忘れちゃいけないし

クリも干してから

加熱すると良いといわれています

(・∀・)アマー

考えてみれば

干すものは結構たくさんあります

干すと当然水分が抜けるので

縮むし色も黒ずんで

見かけが悪くなりますが

おいしくなるのがわかっているせいか

あまり気になりません

それが

冷蔵庫の中で乾燥して干からびてくると

(´・ω・`)ガッカリ…

おいしくないからもう捨てちゃおう

と思ったりしませんか

(´・ω・`)ショボーン

「ウチではダイコンを冷蔵庫の中で

わざわざ〇〇にしてから

焼肉のたれとニンニクで和えて

食べるのよ」

というお話を伺いました

〇〇の部分は

お客様独特の言葉で

忘れてしまいましたが

要するに

スカスカのように乾燥させることのようでした

ためしに

私も冷蔵庫の中にあったダイコンを

短冊に切り

自家製焼肉のたれをかけて

食べてみました

即食べられます

時間を置くと味が馴染みます

ダイコンは生で食べられる野菜なので

サラダや即席漬けと同感覚です

切り干しのようなポリポリ感で

水っぽさがありません

普通は敬遠されがちな

冷蔵庫で保管しておいたものを使う

というより

むしろ

冷蔵庫の中で干すという発想が

目からウロコでした

捨てる前にちょっと待った!!

無駄にしないで使い切りたいですよね~

(`・ω・´)ゞ

2014年6月8日
© 2021葵青果 all rights reserved