野菜ソムリエのいる八百屋

とちおとめ VS あまおう

イチゴの出ざかりは年々早まって

11月頃ともなると

ちらほら・・

そして

今やすっかり冬が旬となりました

 

東の代表品種

とちおとめ

 

 

かつての東の王者だった女峰よりも

粒が大きめで

酸味が少なく、甘味がありジューシー

果皮は光沢のある鮮やかな色

 

そして、

対するは

西の代表

あまおう

 

 

あかい

まあるい

おおきい

うまい

の、頭文字をとって

命名されました(一般公募)

 

いつの間にか

「あまい」と取り違えていましたが

正しくは

「あかい」

でした

 

 

なかなかうまくできたネーミングですよね

 

 

食べ比べると

とちおとめより

柔らかく、酸味も少ない感じがします

 

 

イチゴの栽培の歴史を見ていたら

ダナー VS 宝交早生

女峰 VS とよのか

というような

東と西の対抗戦があったようです

 

こうして切磋琢磨され

私たちは

よりおいしいイチゴにありつけるという訳なのですね

 

おもしろいというか

ロマンを感じちゃいます

ε- (´ー`*)フッ

 

最近の品種の動向は

大玉で甘いイチゴを

目指して栽培されているそうで

 

さがほのか

さちのか

べにほっぺ

やよいひめ

 

などがあげられます

 

甘いイチゴを生で食べるのを好むのは

日本人の特徴のようです

 

しばらく続くイチゴの季節

いろんなイチゴを楽しみたいですね

♪~(´ε` )


2011年12月15日
© 2022葵青果 all rights reserved