野菜ソムリエのいる八百屋

黒あま柿

リンゴの秋映は

どす黒いほどの果皮が印象深く

人気ですが

それに負けないくらい

強烈な個性のある柿に出会いました

!(^o^)!

「黒あま柿」です

品種は平種無柿で

和歌山県のブランド「紀の川柿」の中でも

最上級品の名ということです

DSC05925

DSC05926

表皮は普通の平種無柿より濃いというか

鮮やかな色をしています

全く違うのは

果肉の色

DSC05924

びっしりゴマ入りです

柿の「ゴマ」の正体とは

ポリフェノールの一種で

渋みの元になっているタンニンが

水に溶けない状態になっているものです

食べても渋みを感じません

通常は種の有る無しで

甘柿になったり

渋柿になったりする

不完全甘柿にあらわれます

渋抜きした柿にはゴマは現れ無い

思っていたので

ビックリでした

( ̄□ ̄;)!!

黒あま柿は

一個ずつ丁寧に袋掛けをして

通常のものより一ヶ月長く樹上で熟成させ

その間に2日ほど固形アルコールで

脱渋するそうです

こうして手間暇かけて大事に育てられた

黒あま柿は

柿の成分が凝縮され

糖度も上がり

濃厚なコクのある完熟柿になります

おいしさに脱帽です

(*´∀`*)ポワワ

2014年10月15日
© 2022葵青果 all rights reserved