野菜ソムリエのいる八百屋

カブ賞賛の声

カブがおいしい季節

 

「カブがおいしかった !!」

と言っていただいたお二人の方から

お話をきかせていただいたので

ご報告をいたします

 

お一人目は男性

ぬか漬けと

「塩昆布和え」に

したそうです

 

私も晩ご飯の時作ってみました

 

 

カブを薄く切って

塩昆布と和えるだけです

 

このあと茎の部分を

くわえてみたら

サクサクとした歯ざわりと

緑がプラスになりました

(・∀・)イイ!!

ちょっと、時間がたったほうが

しんなりと味が馴染んで

おいしくなりました

 

もう一人の方は、

購入前に

お子さんたちが食べてくれないと

嘆いていたので

食べ方をアドバイスした方です

 

皮ごとスープや煮物にしたそうですが

お子さんたちも喜んでくれ

「なんだっ、食べるじゃない」

と思ったそうです

(*^^)v

 

でも、

「生はまだなの」

ということなので

先ほど教えていただいた

塩昆布和えを教えました

 

「キャベツでは母が作ってくれたことがある」

とのこと

あれっ

私もピーマンで作ったことがある

 

塩昆布和えは、応用がきいて便利ですね

 

もう、一品

“カブのステーキ”

 

 

カブは5mm位の厚さに輪切りにして

表面に包丁の先で格子状に切り込みを入れ

フライパンにオリーブオイルを引いて

両面焼きます

 

決めてはソース

カブの葉、茎の部分を細かく切り

ツナ缶1缶、ポン酢大さじ3、豆板醤小さじ1

と混ぜあわせたものをかけます

 

このソースは、元々は

カイワレや豆苗などを使ったレシピとして

教えていただいたものですが

カブの時には

せっかく栄養豊富、

彩りの良い葉っぱがあるので

使うと一石二鳥 !!

 

カブの株が上がり

八百屋冥利につきます

!(^O^)!

 

2011年11月30日
© 2022葵青果 all rights reserved