野菜ソムリエのいる八百屋

アルファルファ

「あった、あった♫ 私の好きなアルファルファ♥」

と言って

アルファルファを買ってくださったお客様

私も大好きです

(*^_^*)

 

P1020747

 

なんといっても抜群のシャキシャキ感!!

それにどんな食材やドレッシングとも相性良く

サッと洗っただけで生のまま食べられるので

手間いらず

パックから出してほぐすと

結構ボリュームがあります

 

私はスプラウトの「アルファルファ」としての商品しか見たことがありませんが

「アルファルファ」はアメリカでの呼び方で

ヨーロッパでは「ルーサン」と呼ばれ

さらに日本名は

「紫うまごやし」「糸モヤシ」「紫花種」

と実に様々

 

特に

「紫うまごやし」ってなに~??

って思うくらいインパクトがありました

 

原産はヨーロッパから西アジアにかけてのあたりのようで

最古の飼料と言われるほど歴史は古いそうです

日本には明治時代に入ってきたということです

 

牧草というだけあって

背丈は50~100cmくらいになる

マメ科の多年草で

夏に紫色の花を付けるのが

名前の由縁でした

 

スプラウトの状態とは

全くイメージが違いましたが

おいしいことに変わりなし

 

スプラウト(発芽、新芽)には

栄養が

凝縮されていて

パワーもタップリ

 

人間の子どもたちも

元気いっぱい

同じだなぁ

ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

 

 

 

 

2014年2月6日
© 2022葵青果 all rights reserved